Category Archives: 医療ニュース

ED治療薬の特徴とED治療
ED治療

ED(勃起障害)には治療薬があります。バイアグラ、レビトラ、シアリスが現在日本でED治療に有効性があると認められた治療薬です。

これらの治療薬はそれぞれに特徴をもち、悩みに応じて選択できます。

そこで、バイアグラ、レビトラ、シアリスのED治療薬の特徴をご紹介していきます。

参考:ED治療薬の種類|浜松町第一クリニック

■ED治療薬

ED治療薬は、どれも血管をひろげる作用があります。一方で効果時間に特徴がありますので、各種ED治療薬の特徴をみていきましょう。

バイアグラ

バイアグラ®錠
バイアグラは、ファイザー株式会社が開発した世界初のED治療薬です。日本でも一番早くに承認された治療薬で、ED治療といえばバイアグラとイメージされる人も多いでしょう。

シルデナフィルという有効成分がバイアグラ1錠につき50mgまでの処方が許可されています。錠剤は青色で四角形が特徴です。

1日に1錠の服用を絶対とし、4~5時間の効果時間を保ちます。個人差はありますが30分から1時間ほどで効果があらわれます。

またバイアグラは新薬の特許が切れたため、ジェネリック医薬品が製造できるようになりました。これにより比較的安価でED治療薬を購入できます。

レビトラ

レビトラ®錠
15分ほどで効果があらわれるレビトラは、即効性の高いED治療薬です。

バイエル薬品が開発。バルデナフィルが有効成分です。濃いオレンジ色で、形は丸みを帯びています。現在、20mgが限度量で服用後4~5時間の効果をもちます。

ただし、硝酸剤を使用している人や肝機能に障害をもっている人などは処方されない場合があります。

シアリス

シアリス®錠
有効成分をタダラフィルとするシアリスは、日本のイーライリリー株式会社によって開発されました。シアリスの大きな特徴は、飲むと36時間ほどの効果時間があることです。3種類のなかでも人気の高いED治療薬でもあります。

レビトラよりも薄めのオレンジ色をしています。

基本的にED治療薬は、空腹時の服用が一般的です。これは食べものがED治療薬の吸収を妨げてしまうためです。シアリスは有効成分が体内に吸収されれば、食後に服用しても効果があります。
これらのED治療薬の作用で血行が良くなり、勃起を促すという仕組みです。

■ED治療法

ED治療の方法は、基本的にED治療専門クリニックで診察を受け、医師の診断を元に適切なED治療薬を服用して改善を図るというものです。
最終目的は、ED治療薬なしでも勃起が可能になるという状態です。

尚、EDの原因には様々あり、体質によるものや他の服用している薬によるものなどがあるので、まずはかかりつけ医に相談をし、生活習慣で改善すべきことはないかを確認してみるのもED治療の一環でもあります。

Posted on , By
Categories: 医療ニュース
医療用ロボットの紹介

医療用ロボットと呼ばれるものがありますが、これはどのようなものでしょう。
一般的には医療に使われることを目的としたロボットとなっており、現在多くのところで活動が行われています。

いろいろなロボット

医療用ロボットといっても、いろいろな種類があります。
手術ロボットと呼ばれるものは、手術を補助するものであり、手の部分がとてもコンパクトにできています。
手術で切開する大きさを決めることができ、自動で動くわけではなく、医師がカメラ映像を見ながらリモートコントロールします。

また、介護ロボットと呼ばれる、介護支援ロボット、車いすにセンサーやナビ機能を備えた車いすロボット、超小型カメラと移動装置を内蔵しているカプセルを使い、人体に入れて患部に直接薬を噴射するというものもあり、こちらは研究中となっています。
この他に、患者ロボットというものもあり、こちらは医療関係者の訓練、シミュレーションに使われるものとなっています。
単純に練習実験台だけではなくて、治療の技術に応じた反応を見せます。

医療用ロボットのメリット

医療用のロボットのメリットと言ったら、オートメーションといえるでしょう。
ロボットの場合だと、反復作業を早く行うことができますし、休みもなく低コストで行うことができるため、初期段階の薬剤設計においてとても役立てることができます。
イングランドで開発されたロボット科学者は、1日に1万以上もの化合物のスクリーニングができるというのです。
もちろん、自分で勝手に動くようなものだけではなく、医師が操作するものもありますが、それでも人の手をなるべく減らすことができるという点では大きなメリットがあるといえます。

高齢化社会にも対応

ロボットは疲れ知らずということですから、当然人が足りないといわれている高齢化社会にも期待ができます。
もちろん、ロボットの動作に関しては、人間と違って言われたことしかできない、よほど優れたAIでも搭載されていなければ、動作に関して問題が出る可能性があるなどの問題点もありますが、実用化に向けて大きな期待がかかっていることもまた事実です。

ロボットの活用は高齢化社会においてもそうですし、今や世界的にも避けることができないといわれる状態になってきています。
これから先、どのように進歩をしていくのかということもありますし、共存ができるのかということについても今後の課題となっていくことでしょう。

参考:名古屋 リノベーション

Posted on , By
Categories: 医療ニュース
海外には寝たきりの老人がいない!?

実は、海外には寝たきりと呼ばれる老人がいないといわれています。
それこそ、日本では寝たきりと言われる老人の方がたくさんいるのですが、この差はいったいどこから生まれているのでしょうか。

どうして欧米には寝たきり老人がいないか

実は、ヨーロッパの国である、デンマークやスウェーデンでは、寝たきりの老人はいないといわれています。
これは福祉大国だからそうなのか、と思われるくらいにどの福祉関係の本を見ても書かれていることでもあります。
それに加えて、オーストラリアの医師に話を聞いてみても、自分の国では寝たきりの老人はほとんどいないという答えが返ってくるというのです。

日本では、いわゆる寝たきりと称される、一言も話すことができない、それこそ寝ているだけという老人がたくさんいるのに、海外ではほとんどいないとされているのは不思議な話です。
日本の医療水準は優れていると言ってもいい中、おかしな話であるといえるのです。

どうしてなのか

どうして海外に寝たきり老人がいないのかという答えは、ずばりスウェーデンにありました。
個々の国の老人介護施設や病院を見た時には、寝たきり老人は一人もいないのです。
その理由は、高齢、あるいはがんなどの終末期には、動けなくなる、ろくに食べることができなくなるのは当たり前のことであり、それに対して延命を行うのはおかしい話だという考えが浸透しているからです。
反対にそのようなことをすると、老人虐待と言われるかもしれません。

日本では、加齢で自分の口で物を食べることができなくなると胃ろうを使って栄養をとらせることがありますが、欧米ではそういった治療はされませんし、点滴もしません。
肺炎になっても抗生剤の注射をすることはせず、内服投与だけで済ませます。
要するに寝たきりといわれる状態になる以前に亡くなっているわけであり、それが海外には寝たきり老人がいない理由となっているわけです。

欧米か日本か

実際に理由を紐解いてみると、日本と海外での医療における考え方の違いといえるものでした。
果たして、欧米がいいのか日本がいいのかとなってくると、人によって考え方は違ってくるでしょう。
関節を固定されて身動きも取れない、話すこともできないという高齢者の認知症患者を診ていると、人間の尊厳とは何かを考えさせられることもあるでしょう。
高齢になった時の生き方、というのは人それぞれですが、もしも延命措置を望まないというのであれば、そのことは周りの人に伝えておくのが賢明であるといえるでしょう。

Posted on , By
Categories: 医療ニュース
医療のIT化

現在、医療のIT化と呼ばれるものが進んでいます。
これは、ここ数年に急速に進んでいるものです。
これについての紹介をしていきます。

薬局が街から消えるかも

PAK85_coding15095904-thumb-815xauto-18356
まず、調剤薬局が街から消えるかもしれないというものですが、これは、薬局向けサービスのヘルスケア手帳、というものが誕生することから来ています。
これは、処方箋の撮影から送付、受付、調剤完了といった流れをスマートフォンのアプリにて実現可能になるというものです。
このサービスを使うことにより、調剤完了の呼び出しがされるまで薬局に行く必要性がありませんから、薬局からしてみると、離れた医療機関から処方箋を獲得できるチャンスといえるわけです。

病院向けデジタルペーパー

ソニーが病院向けにビジネスペーパーを配布するという動きもあります。
これは、文字通り紙のように文字を読み書きできるデジタル端末で、A4サイズ相当のディスプレーを備えており、専用のペンで文字を書くことができるというもので、教育用ととして提供をしてきたものが、医療機関向けにも提供を始めているものです。
主な目的としては、レセプトや問診票への利用となっています。

情報漏えいのリスクを低減させる

医療情報のIT化によって、情報漏えいのリスクを低減化させるというものです。
これは、クラウド型ファイル共有サービスと呼ばれるものを使うことによって、情報系、診療系のデータをネットワーク上で一元管理するというものです。
医療機関では、USBメモリーを使ったデータのやり取りが行われることが多いのですが、これが原因でデータ漏えいやウイルス感染、紛失などが起こる可能性もあります。
そこで、クラウド上でデータを管理することによりそのリスクを低減させようというのです。

利用した際にはログも残りますから、データアクセスの管理もしやすく、USBデータの受け渡しをなくすことができるメリットは大きいと言われます。
また、セキュリティー面でも当然強化されることになるわけです。

診療記録を2次元化

医療情報は、現在各診療部門にて独自の形式で管理をしているという課題があり、それを解決させるために、病院が紙で保管している各種医療情報を効率化させるシステムです。
病院で日々発生する複数の膨大なデータを取集、整理して一元管理するというものです。

これを使うことで紙や電子問わずに様々な媒体を一元管理することができますし、必要な情報もスムーズに取り出すことができるわけです。
医師のためのポータル画面ともいわれており、必要な情報を必要な時に簡単に取り出すことができるようになっているのです。
このように、医師の世界も急速なIT化が進んでいるのです。

Posted on , By
Categories: 医療ニュース