体に良い食べ物

体にいい食べ物というものは、意外と知っているようで知らないものがあります。
体に良い食べ物のベスト10をここでは紹介していきます。
これらの食べ物を積極的に摂ることを考えてみるといいでしょう。

10位から8位

まず10位はトマトで、ダイエットに効果があると最近大ブームになっているということです。
トマトはリコピンを多く含んでいますが、リコピンは熱にも強いことから加工食品でも問題はありません。
トマトのリコピンは、実はジュースやケチャップにすることで凝縮されてダイエット効果が高まるという特徴を持っています。

第9位はサクランボで、甘くておいしいことがとてもうれしいのに加えて、ビタミンA、C、カルシウム、そして鉄を含んでおり、疲れた時に効果があるという風にも言われています。
第8位はほうれん草で、ヘルシーフードとしてもよく知られるものであり、抗酸化物質がたくさん含まれていることに加えて、ミルクよりもたくさんのカルシウムと、肉に匹敵するだけの鉄の多さが最大のポイントです。

7位から5位

第7位はリンゴで美容食としても知られるものであり、ペクチンを多く含んでいることに加えて水溶性繊維質によってコレステロールを下げる効果があるのです。
さらに、リンゴの皮に含まれているウルソール酸という成分がダイエットに効果があるといわれています。

第6位はオレンジで、成分的にビタミンCやビタミンB9、繊維質のほか抗酸化物質がたくさん含まれています。
第5位はラズベリーで、日本ではあまりこれを食べる習慣はないとされているのですが、ビタミンCや抗酸化物質がたくさん含まれているほか、心臓病、抗がん作用、精神的に落ち込んでいるときにも効果があるとされ、注目を集めています。

4位から1位

第4位はアーモンドで、繊維質やたんぱく質がたくさん含まれています。
抗酸化物質やビタミン、そしてたくさんのミネラルが含まれていることもあり、ヘルシーフードとしても有名なところがあります。
そして、心臓病の予防や血圧を下げる効果もありますから、食べる習慣があってもいいでしょう。
そして、第3位は、ブルーベリーで、ビタミンや繊維、そして抗酸化物質やファイトケミカルがたくさん含まれており、コレステロールを下げる、糖尿病のリスクを下げること、そしてエイジングのベースを下げるなどの効果があるのです。

第2位はいちごで、カロリーが少なくて繊維が多い食べ物として知られるものです。
実はオレンジよりもたくさんのビタミンCが豊富であるといわれているのと同時に、近年ではイチゴが認知症の予防になることが分かっています。
そして注目の第1位ですが、こちらはなんと、水です。

これはさすがにびっくりした方が多いと思いますが、これは決して間違いではありません。
水は、皮膚をスムーズにするのはもちろん、記憶をよくしてくれますし、関節の機能を守ってくれます。
さらには、傷を適度に飲むことによって体重減少の効果をもたらしてくれることもわかっているのです。

これらの食べ物が栄養価の高く、体に良い食べ物になっています。
日常的に食べてみるのもいいですし、ここぞというときに食べてみるようにするのもいいでしょう。

About

Posted on , By
Categories: 健康情報