海外には寝たきりの老人がいない!?

実は、海外には寝たきりと呼ばれる老人がいないといわれています。
それこそ、日本では寝たきりと言われる老人の方がたくさんいるのですが、この差はいったいどこから生まれているのでしょうか。

どうして欧米には寝たきり老人がいないか

実は、ヨーロッパの国である、デンマークやスウェーデンでは、寝たきりの老人はいないといわれています。
これは福祉大国だからそうなのか、と思われるくらいにどの福祉関係の本を見ても書かれていることでもあります。
それに加えて、オーストラリアの医師に話を聞いてみても、自分の国では寝たきりの老人はほとんどいないという答えが返ってくるというのです。

日本では、いわゆる寝たきりと称される、一言も話すことができない、それこそ寝ているだけという老人がたくさんいるのに、海外ではほとんどいないとされているのは不思議な話です。
日本の医療水準は優れていると言ってもいい中、おかしな話であるといえるのです。

どうしてなのか

どうして海外に寝たきり老人がいないのかという答えは、ずばりスウェーデンにありました。
個々の国の老人介護施設や病院を見た時には、寝たきり老人は一人もいないのです。
その理由は、高齢、あるいはがんなどの終末期には、動けなくなる、ろくに食べることができなくなるのは当たり前のことであり、それに対して延命を行うのはおかしい話だという考えが浸透しているからです。
反対にそのようなことをすると、老人虐待と言われるかもしれません。

日本では、加齢で自分の口で物を食べることができなくなると胃ろうを使って栄養をとらせることがありますが、欧米ではそういった治療はされませんし、点滴もしません。
肺炎になっても抗生剤の注射をすることはせず、内服投与だけで済ませます。
要するに寝たきりといわれる状態になる以前に亡くなっているわけであり、それが海外には寝たきり老人がいない理由となっているわけです。

欧米か日本か

実際に理由を紐解いてみると、日本と海外での医療における考え方の違いといえるものでした。
果たして、欧米がいいのか日本がいいのかとなってくると、人によって考え方は違ってくるでしょう。
関節を固定されて身動きも取れない、話すこともできないという高齢者の認知症患者を診ていると、人間の尊厳とは何かを考えさせられることもあるでしょう。
高齢になった時の生き方、というのは人それぞれですが、もしも延命措置を望まないというのであれば、そのことは周りの人に伝えておくのが賢明であるといえるでしょう。

About

Posted on , By
Categories: 医療ニュース