医療用ロボットの紹介

医療用ロボットと呼ばれるものがありますが、これはどのようなものでしょう。
一般的には医療に使われることを目的としたロボットとなっており、現在多くのところで活動が行われています。

いろいろなロボット

医療用ロボットといっても、いろいろな種類があります。
手術ロボットと呼ばれるものは、手術を補助するものであり、手の部分がとてもコンパクトにできています。
手術で切開する大きさを決めることができ、自動で動くわけではなく、医師がカメラ映像を見ながらリモートコントロールします。

また、介護ロボットと呼ばれる、介護支援ロボット、車いすにセンサーやナビ機能を備えた車いすロボット、超小型カメラと移動装置を内蔵しているカプセルを使い、人体に入れて患部に直接薬を噴射するというものもあり、こちらは研究中となっています。
この他に、患者ロボットというものもあり、こちらは医療関係者の訓練、シミュレーションに使われるものとなっています。
単純に練習実験台だけではなくて、治療の技術に応じた反応を見せます。

医療用ロボットのメリット

医療用のロボットのメリットと言ったら、オートメーションといえるでしょう。
ロボットの場合だと、反復作業を早く行うことができますし、休みもなく低コストで行うことができるため、初期段階の薬剤設計においてとても役立てることができます。
イングランドで開発されたロボット科学者は、1日に1万以上もの化合物のスクリーニングができるというのです。
もちろん、自分で勝手に動くようなものだけではなく、医師が操作するものもありますが、それでも人の手をなるべく減らすことができるという点では大きなメリットがあるといえます。

高齢化社会にも対応

ロボットは疲れ知らずということですから、当然人が足りないといわれている高齢化社会にも期待ができます。
もちろん、ロボットの動作に関しては、人間と違って言われたことしかできない、よほど優れたAIでも搭載されていなければ、動作に関して問題が出る可能性があるなどの問題点もありますが、実用化に向けて大きな期待がかかっていることもまた事実です。

ロボットの活用は高齢化社会においてもそうですし、今や世界的にも避けることができないといわれる状態になってきています。
これから先、どのように進歩をしていくのかということもありますし、共存ができるのかということについても今後の課題となっていくことでしょう。

参考:名古屋 リノベーション

About

Posted on , By
Categories: 医療ニュース