東京大学病院

東京大学病院は、東京都の文京区にある病院です。
ここでは、臨床医学の発展と医療関係者の育成に努めると共に、個々の患者さんに対して最適な医療行為を提供することを理念としています。
また、目標としては、患者さんの意思を尊重した医療の実践、そして高度先進医療の開発、安全な医療の提供に優れた医療人の育成としています。

最も重視するもの

東京大学病院では、病院長が、患者さんの意見が最も重視すべきものだとしています。
そのために意思を伝えやすい環境を作り、患者さんや職員間のコミュニケーションを大事にして病の人に寄り添って、患者さんから学ぶ姿勢を大事にするということを心掛けているのです。
診療面においては、先進的かつ高度な医療を提供する病院として、最後の砦になる病院としての役割を果たすこと、そして疾患の原因究明や治療法の開発などを行い、新しい医療を切り開く役割を果たすというものです。

常に進化を続ける東京大学病院

東京大学病院は、常に進化を続けており、手術支援ロボットにハイブリッドアンギオ装置を導入しています。
また、国際診察部、臨床研究ガバナンス部などの新しい部門の設立や、全病棟への薬剤師配置などを行っています。
病院地区においては、様々な構想に基づいた医療の充実化や、研究施設の拡充が行われることになっており、平成30年ごろまで建設ラッシュが続くというように、常に進化を続けることになるのです。

歴史は古い

東京大学病院の歴史は安政5年から始まっており、その歴史は100年を超えるものとなっています。
それから戦時中を除いてほぼ毎年何かしら新しいことを行っており、常に新しい医療を提供しようというところが見えてきます。
日本でも有数の大学附属病院であり、高い実績を持っているため、東京に住んでいる方には利用してみてほしい病院の一つです。

About

Posted on , By
Categories: 病院紹介