日本赤十字社医療センター

日本赤十字医療センターは、東京都の渋谷区にある病院で、JR渋谷駅、JR恵比寿駅からバスやタクシーを使って10分程度で行くことができるアクセス的にも優れた位置にあります。

行動指針について

日本赤十字医療センターのでは、患者さんと医療従事者の相互の信頼の下に、最良の高度医療の提供をすることを心がけています。
医療を取り巻く環境がめぐるましく変化する中で、医療の主役は患者さんであるとして、患者さんとの信頼関係を大事にして支えることを行動指針としています。
中核と寝る診療機能を、がん治療、小児・周産期医療、救急救命・災害救護と定めており、がん治療に関しては、特に地域がん診療連携拠点病院としての体制を整えており、安全な医療を提供することを心掛けているのです。

赤ちゃんに優しい病院

この日本赤十字医療センターは、平成12年にWHO、UNICEFから赤ちゃんに優しい病院として認定されています。
これは「母乳育児を成功させるための10か条」を推進している施設を認定するものであり、日本では17番目のものであり、都内では最初に認定された病院となっています。
母乳育児を成功させるためのサポートをしてくれるということでありますから、赤ちゃんを持っている人にとっては行く価値がある病院ということですね。

理念について

日本赤十字医療センターでは、人道・博愛の実践を理念としています。
治療のみならず健康づくりから、より健やかな生活を送るためのトータルでの支援サービスの提供を行うとしています。

基本方針としては、保険と医療・福祉ネットワークを基盤として地域医療連携を推進すること、高度な先進医療施設を作り上げること、24時間365日対応可能な救急医療を充実させること、心のこもったサービスの提供、災禍に苦しむ人たちへの救援体制の確保、医療人の生涯育成などです。
患者さんのことをしっかりと考えていると言える、診察を受けたいと思ったときには利用する価値のある病院だといえます。

About

Posted on , By
Categories: 病院紹介