Showing all posts by first

Next Page

医療用ロボットの紹介

医療用ロボットと呼ばれるものがありますが、これはどのようなものでしょう。
一般的には医療に使われることを目的としたロボットとなっており、現在多くのところで活動が行われています。

いろいろなロボット

医療用ロボットといっても、いろいろな種類があります。
手術ロボットと呼ばれるものは、手術を補助するものであり、手の部分がとてもコンパクトにできています。
手術で切開する大きさを決めることができ、自動で動くわけではなく、医師がカメラ映像を見ながらリモートコントロールします。

また、介護ロボットと呼ばれる、介護支援ロボット、車いすにセンサーやナビ機能を備えた車いすロボット、超小型カメラと移動装置を内蔵しているカプセルを使い、人体に入れて患部に直接薬を噴射するというものもあり、こちらは研究中となっています。
この他に、患者ロボットというものもあり、こちらは医療関係者の訓練、シミュレーションに使われるものとなっています。
単純に練習実験台だけではなくて、治療の技術に応じた反応を見せます。

医療用ロボットのメリット

医療用のロボットのメリットと言ったら、オートメーションといえるでしょう。
ロボットの場合だと、反復作業を早く行うことができますし、休みもなく低コストで行うことができるため、初期段階の薬剤設計においてとても役立てることができます。
イングランドで開発されたロボット科学者は、1日に1万以上もの化合物のスクリーニングができるというのです。
もちろん、自分で勝手に動くようなものだけではなく、医師が操作するものもありますが、それでも人の手をなるべく減らすことができるという点では大きなメリットがあるといえます。

高齢化社会にも対応

ロボットは疲れ知らずということですから、当然人が足りないといわれている高齢化社会にも期待ができます。
もちろん、ロボットの動作に関しては、人間と違って言われたことしかできない、よほど優れたAIでも搭載されていなければ、動作に関して問題が出る可能性があるなどの問題点もありますが、実用化に向けて大きな期待がかかっていることもまた事実です。

ロボットの活用は高齢化社会においてもそうですし、今や世界的にも避けることができないといわれる状態になってきています。
これから先、どのように進歩をしていくのかということもありますし、共存ができるのかということについても今後の課題となっていくことでしょう。

参考:名古屋 リノベーション

Posted on , By
Categories: 医療ニュース
海外には寝たきりの老人がいない!?

実は、海外には寝たきりと呼ばれる老人がいないといわれています。
それこそ、日本では寝たきりと言われる老人の方がたくさんいるのですが、この差はいったいどこから生まれているのでしょうか。

どうして欧米には寝たきり老人がいないか

実は、ヨーロッパの国である、デンマークやスウェーデンでは、寝たきりの老人はいないといわれています。
これは福祉大国だからそうなのか、と思われるくらいにどの福祉関係の本を見ても書かれていることでもあります。
それに加えて、オーストラリアの医師に話を聞いてみても、自分の国では寝たきりの老人はほとんどいないという答えが返ってくるというのです。

日本では、いわゆる寝たきりと称される、一言も話すことができない、それこそ寝ているだけという老人がたくさんいるのに、海外ではほとんどいないとされているのは不思議な話です。
日本の医療水準は優れていると言ってもいい中、おかしな話であるといえるのです。

どうしてなのか

どうして海外に寝たきり老人がいないのかという答えは、ずばりスウェーデンにありました。
個々の国の老人介護施設や病院を見た時には、寝たきり老人は一人もいないのです。
その理由は、高齢、あるいはがんなどの終末期には、動けなくなる、ろくに食べることができなくなるのは当たり前のことであり、それに対して延命を行うのはおかしい話だという考えが浸透しているからです。
反対にそのようなことをすると、老人虐待と言われるかもしれません。

日本では、加齢で自分の口で物を食べることができなくなると胃ろうを使って栄養をとらせることがありますが、欧米ではそういった治療はされませんし、点滴もしません。
肺炎になっても抗生剤の注射をすることはせず、内服投与だけで済ませます。
要するに寝たきりといわれる状態になる以前に亡くなっているわけであり、それが海外には寝たきり老人がいない理由となっているわけです。

欧米か日本か

実際に理由を紐解いてみると、日本と海外での医療における考え方の違いといえるものでした。
果たして、欧米がいいのか日本がいいのかとなってくると、人によって考え方は違ってくるでしょう。
関節を固定されて身動きも取れない、話すこともできないという高齢者の認知症患者を診ていると、人間の尊厳とは何かを考えさせられることもあるでしょう。
高齢になった時の生き方、というのは人それぞれですが、もしも延命措置を望まないというのであれば、そのことは周りの人に伝えておくのが賢明であるといえるでしょう。

Posted on , By
Categories: 医療ニュース
東京サマーランド

東京サマーランドというところがあります。
ここは、大人から子供まで、一日たっぷりと楽しむことができるアトラクションがたくさん詰まったところとなっています。
4つのエリアに分かれている東京サマーランドでは、それぞのエリアで様々な楽しみ方ができるようになっています。

アドベンチャードーム

ここは、全天候型の屋内プールとなっています。
アドベンチャードームの中心となるコバルトビーチ、冒険気分を楽しめるロックビーチ、温水スパの温遊大洞窟、果物に囲まれるフルーツアイランド、機関車に乗れるアドベンチャートレインなどをはじめとした数多くのアトラクションを楽しむことができます。
もちろん、子供から大人までたっぷりと楽しめます。

スリルマウンテン

ここは、みんなで遊べる遊園地になっています。
海賊気分満点を味わうことができるスーパーバウンティ、サマーランド最強のマシンとされるフリーフォール、空の旅を楽しめるファンコプター、急流下りを楽しめるスピン・ディンキー、大定番のコーヒーカップ、空中ブランコを楽しめるウェーブスウィンガーをはじめとして、ジェットコースターやメリーゴーランドなどもあって、家族連れから友達、カップルとでも楽しむことができます。
もちろん、飲食店などのショップもありますから、疲れたらちょっと一息というのも可能です。

アドベンチャーラグーン

ここは、冒険体感型のウォーターエリアとなっています。
日本初の最強アトラクションと呼ばれているデカスラと呼ばれるものをはじめとして、新感覚のウォータースライダーのdobon、そしてタワーズロック、まったり泳げるビーバーレイク、パッシャハウス、浮き橋渡りを楽しめるスーパーモンキーフロント、温泉気分を味わえるスプリングハウス、冒険気分が味わえるアドベンチャーフォール、サマーランド名物のアクアファン、子供専用スポットのモンキーフロートなど、大人から子供までたっぷり楽しめるものが用意されています。
是非とも気軽に利用してみるといいでしょう。

ファミリースポーツエリア

ここは、家族がみんなで楽しむためのエリアとなっています。
まず、アウトドアを快適に楽しむことができるデイキャンプ場、そして美しいアジサイの花をじっくり楽しめるあじさい園、300店以上が出品しているフリーマーケット、みんなで楽しめるゴルフ練習場など、じっくり楽しめるアトラクションが盛りだくさんです。
こうしたものが楽しめるのが、東京サマーランドというところです。

Posted on , By
Categories: スポーツ施設
東京乗馬倶楽部

東京乗馬倶楽部というところがあります。
ここは、東京23区の中でも90年の歴史を持つ乗馬倶楽部として、多くの人達からの支持を得ているところでもあります。

東京乗馬倶楽部とは

東京乗馬倶楽部は、1921年に設立されています。
社団法人として認可されてから、今までに国際馬術大会を開催したことはもちろん、児童向けにポニーを使った乗馬体験も行っています。
その他にも、障碍者を対象にした乗馬活動や、スポーツ少年団との活動、地域とのかかわりを通じて、馬事知識の普及や馬術の技術力アップ、馬術を通じた青少年の健全寝な精神や肉体の育成に加え、国際相互理解の推進や地域社会の発展などの役割を担っています。
平成25年には、公益社団法人としての認定も受けています。

いろんな人に向けた会員プラン

東京乗馬倶楽部では、いろんな人に向けた会員プランなるものが用意されています。
まずはビジターで、こちらは会員でなくともレッスンが受けられるように用意されたプランであり、騎乗料と指導料を合わせたものが金額となっていますから、たまに利用するような場合でも手軽に利用することができます。
そして、友の会・正会員というものがあるのですが、こちらは会員料金での利用が主なものとなっており、インストラクターの指名もできますし、テクニカルコーチのレッスンを受けることや、競技用の馬に乗ることもできます。
法人会員は、企業の福利厚生に関してのプランでもありますし、騎乗を趣味にするサークル活動などにも役立てることができるようになっています。

充実したレッスン

東京乗馬倶楽部では、初めての方でも十分に楽しむことができるような、充実したれっsンが設けられています。
初めての方には、体験乗馬というものがあり、馬を見たことも触ったこともないという方も、安心して乗馬レッスンを楽しむことができるようになっています。
馬の触り方や乗り方をはじめとした基礎の基礎から楽しめますし、インストラクターが操縦してくれるため、安心して乗馬ライフがスタートできます。

また、初心者の方が楽しめる初心者教室というものもあります。
これは、これから乗馬を楽しみたい、はじめてみたいと考えてみる方にとっては最適なプランで、1か月で3回、1回で30分のレッスンが受けられるコースとなっています。
この他にも、元オリンピック監督が行う特別レッスンを受けることもできますし、障碍者の方が受けられるウェルネス乗馬と呼ばれる、健康づくりにぴったりのコースも用意されています。

大人だけでなく、小学生から高校生まで楽しむことができるようになっています。
新宿駅から2駅の小田急線参宮橋駅から徒歩2分の位置にありますから、興味がある方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

Posted on , By
Categories: スポーツ施設
東京レジャーランド・パレットタウン店

東京レジャーランド パレットタウン店というところがあります。
ここは、カラオケ、釣り、ボウリング、からくり屋敷、そして体感アトラクション、ゲームなど、多彩な遊びを楽しむことができるお店となっています。
子供はもちろん、大人の方も思い切り楽しむことができるお店です。

体感アトラクション

ここでは、家族はもちろん、カップルや友達とも楽しむことができる、体感型のアトラクションが用意されています。
まず一つ目は光の迷宮と言って、水晶玉を持って光の迷路を抜けて光の祭壇でパワーを授かろうというもので、美しい光の中を抜けるという体験が可能です。
それから、誰もが知っている稲川淳二の怪談バスツアーというものも用意されています。
そして、手相の森のアリスということで、恋愛から仕事、金運まで様々な運勢を手相で占ってもらえるアトラクションが用意されています。

ファミリーに人気のからくり屋敷

こちらは2015年の7月にリニューアルオープンしています。
特にファミリーに対して人気のあるアトラクションとなっていて、登っていく球、起き上がれない椅子となったような、まさにからくりといえるような不思議な空間がたくさんあります。
朝の10時から深夜の22時30分まで営業をしており、大人は700円、子供は500円、3歳以下は無料で利用することができます。

室内で楽しむスポーツゲーム

ここでは、バッティングはもちろん、テレビでもおなじみとなっているストラックアウトをはじめとした、テニスやゴルフ、バスケットなど、楽しく遊ぶことができるゲームが盛りだくさんです。
こちらも、子供から大人まで楽しむことができるようになっています。
営業時間は年中無休の朝の10時から深夜23時50分までとなっており、バッティングは1回300円、その他のゲームは1回200円からとなっています。

飲食もばっちり

たくさん遊んで疲れたというときには、飲食コーナーに行って食事をしましょう。
イカ焼き屋さんが入り口にあるのをはじめとして、軽食を楽しめるお店があります。

クレープのお店では、多彩なトッピングを楽しむことができますし、麺類を楽しめるめん処もあります。
各種アトラクションと同じように、朝の10時から夜の23時くらいまで営業していますから、食べたいときに行くことができます。
休日に家族で、友達と、カップルと、どなたと言ってもたっぷりと楽しむことができるところとなっています。

Posted on , By
Categories: スポーツ施設
大人も楽しめるアスレチック

アスレチックと言ったら、子供が楽しくやるもので、大人は見ているだけというイメージがある方もいるかもしれません。
ですが、大人でも楽しむことができるアスレチックもあるのです。
関東にある、大人の楽しむことができるアスレチックというものを紹介します。

千葉の樹の上の冒険王国ターザニア

ここは東京から1時間ほどで行くことができる、小学生以上が対象の本格派アスレチックです。
身長制限としては140センチ以上と、大人でも十分に本気を出して楽しむことができるところとなっています。
アスレチックは樹の上に作られており、日常からは遠く離れたスリリングな空間となっていますから、本気でいかないと命綱がついていても足が震えてしまうほどです。

清水公園フィールドアスレチック

ここは、千葉県にある水上のコースが特徴的なアスレチックとなっており、大人から子供まで楽しむことができるようになっています。
水上にあるアスレチックコースは、作りこそ平凡言えるかもしれませんが、落ちれば水の中に真っ逆さまということで、とてもスリリングな体験ができるようになっています。
ちなみに、水の中はかなり深くなっていますから、泳げない方は利用できないようになっています。

フィールドアスレチック横浜つくし野コース

神奈川県にあるアスレチックコースなのですが、ここは自然の中に設置されたものであり、大自然の中で気分は晴れやかに楽しむことができるようになっています。
山の斜面を利用したコース、池のコースなど、起伏に富んだコースの数々は、大人の方でも常に刺激をもって楽しむことができるはずです。
家族連れで休日にみんなでアスレチックを楽しみたいという方にもお勧めできます。

利用上の注意点

こうした数々のアスレチックコースは、だれでも楽しむことができるように作られているわけですが、特に利用するときに利用上の注意があるのならば必ず守るようにしましょう。
というのは、アスレチックはやはりケガと紙一重のところにあって、例えば落下した時にどこか痛めてしまうかもしれないからです。
せっかく遊びに行っているのに、注意を守らずに利用してケガをしてしまってはまるで話になりませんから、大人の方といっても利用上の注意はよく確認しておくようにしましょう。

Posted on , By
Categories: スポーツ施設
体に良い食べ物

体にいい食べ物というものは、意外と知っているようで知らないものがあります。
体に良い食べ物のベスト10をここでは紹介していきます。
これらの食べ物を積極的に摂ることを考えてみるといいでしょう。

10位から8位

まず10位はトマトで、ダイエットに効果があると最近大ブームになっているということです。
トマトはリコピンを多く含んでいますが、リコピンは熱にも強いことから加工食品でも問題はありません。
トマトのリコピンは、実はジュースやケチャップにすることで凝縮されてダイエット効果が高まるという特徴を持っています。

第9位はサクランボで、甘くておいしいことがとてもうれしいのに加えて、ビタミンA、C、カルシウム、そして鉄を含んでおり、疲れた時に効果があるという風にも言われています。
第8位はほうれん草で、ヘルシーフードとしてもよく知られるものであり、抗酸化物質がたくさん含まれていることに加えて、ミルクよりもたくさんのカルシウムと、肉に匹敵するだけの鉄の多さが最大のポイントです。

7位から5位

第7位はリンゴで美容食としても知られるものであり、ペクチンを多く含んでいることに加えて水溶性繊維質によってコレステロールを下げる効果があるのです。
さらに、リンゴの皮に含まれているウルソール酸という成分がダイエットに効果があるといわれています。

第6位はオレンジで、成分的にビタミンCやビタミンB9、繊維質のほか抗酸化物質がたくさん含まれています。
第5位はラズベリーで、日本ではあまりこれを食べる習慣はないとされているのですが、ビタミンCや抗酸化物質がたくさん含まれているほか、心臓病、抗がん作用、精神的に落ち込んでいるときにも効果があるとされ、注目を集めています。

4位から1位

第4位はアーモンドで、繊維質やたんぱく質がたくさん含まれています。
抗酸化物質やビタミン、そしてたくさんのミネラルが含まれていることもあり、ヘルシーフードとしても有名なところがあります。
そして、心臓病の予防や血圧を下げる効果もありますから、食べる習慣があってもいいでしょう。
そして、第3位は、ブルーベリーで、ビタミンや繊維、そして抗酸化物質やファイトケミカルがたくさん含まれており、コレステロールを下げる、糖尿病のリスクを下げること、そしてエイジングのベースを下げるなどの効果があるのです。

第2位はいちごで、カロリーが少なくて繊維が多い食べ物として知られるものです。
実はオレンジよりもたくさんのビタミンCが豊富であるといわれているのと同時に、近年ではイチゴが認知症の予防になることが分かっています。
そして注目の第1位ですが、こちらはなんと、水です。

これはさすがにびっくりした方が多いと思いますが、これは決して間違いではありません。
水は、皮膚をスムーズにするのはもちろん、記憶をよくしてくれますし、関節の機能を守ってくれます。
さらには、傷を適度に飲むことによって体重減少の効果をもたらしてくれることもわかっているのです。

これらの食べ物が栄養価の高く、体に良い食べ物になっています。
日常的に食べてみるのもいいですし、ここぞというときに食べてみるようにするのもいいでしょう。

Posted on , By
Categories: 健康情報
日本赤十字社医療センター

日本赤十字医療センターは、東京都の渋谷区にある病院で、JR渋谷駅、JR恵比寿駅からバスやタクシーを使って10分程度で行くことができるアクセス的にも優れた位置にあります。

行動指針について

日本赤十字医療センターのでは、患者さんと医療従事者の相互の信頼の下に、最良の高度医療の提供をすることを心がけています。
医療を取り巻く環境がめぐるましく変化する中で、医療の主役は患者さんであるとして、患者さんとの信頼関係を大事にして支えることを行動指針としています。
中核と寝る診療機能を、がん治療、小児・周産期医療、救急救命・災害救護と定めており、がん治療に関しては、特に地域がん診療連携拠点病院としての体制を整えており、安全な医療を提供することを心掛けているのです。

赤ちゃんに優しい病院

この日本赤十字医療センターは、平成12年にWHO、UNICEFから赤ちゃんに優しい病院として認定されています。
これは「母乳育児を成功させるための10か条」を推進している施設を認定するものであり、日本では17番目のものであり、都内では最初に認定された病院となっています。
母乳育児を成功させるためのサポートをしてくれるということでありますから、赤ちゃんを持っている人にとっては行く価値がある病院ということですね。

理念について

日本赤十字医療センターでは、人道・博愛の実践を理念としています。
治療のみならず健康づくりから、より健やかな生活を送るためのトータルでの支援サービスの提供を行うとしています。

基本方針としては、保険と医療・福祉ネットワークを基盤として地域医療連携を推進すること、高度な先進医療施設を作り上げること、24時間365日対応可能な救急医療を充実させること、心のこもったサービスの提供、災禍に苦しむ人たちへの救援体制の確保、医療人の生涯育成などです。
患者さんのことをしっかりと考えていると言える、診察を受けたいと思ったときには利用する価値のある病院だといえます。

Posted on , By
Categories: 病院紹介
東京大学病院

東京大学病院は、東京都の文京区にある病院です。
ここでは、臨床医学の発展と医療関係者の育成に努めると共に、個々の患者さんに対して最適な医療行為を提供することを理念としています。
また、目標としては、患者さんの意思を尊重した医療の実践、そして高度先進医療の開発、安全な医療の提供に優れた医療人の育成としています。

最も重視するもの

東京大学病院では、病院長が、患者さんの意見が最も重視すべきものだとしています。
そのために意思を伝えやすい環境を作り、患者さんや職員間のコミュニケーションを大事にして病の人に寄り添って、患者さんから学ぶ姿勢を大事にするということを心掛けているのです。
診療面においては、先進的かつ高度な医療を提供する病院として、最後の砦になる病院としての役割を果たすこと、そして疾患の原因究明や治療法の開発などを行い、新しい医療を切り開く役割を果たすというものです。

常に進化を続ける東京大学病院

東京大学病院は、常に進化を続けており、手術支援ロボットにハイブリッドアンギオ装置を導入しています。
また、国際診察部、臨床研究ガバナンス部などの新しい部門の設立や、全病棟への薬剤師配置などを行っています。
病院地区においては、様々な構想に基づいた医療の充実化や、研究施設の拡充が行われることになっており、平成30年ごろまで建設ラッシュが続くというように、常に進化を続けることになるのです。

歴史は古い

東京大学病院の歴史は安政5年から始まっており、その歴史は100年を超えるものとなっています。
それから戦時中を除いてほぼ毎年何かしら新しいことを行っており、常に新しい医療を提供しようというところが見えてきます。
日本でも有数の大学附属病院であり、高い実績を持っているため、東京に住んでいる方には利用してみてほしい病院の一つです。

Posted on , By
Categories: 病院紹介
慶應義塾大学病院

慶應義塾大学病院というものがあります。
ここは、平成6年の2月に承認を得て、特定機能病院としての運営を行っているところです。
特定機能病院というのは、高度な医療を提供することを目的として、高度な医療に関する研究、開発、評価、研修などを行う機能を持った医療機関のことです。

患者さんに優しい病院を目指す

この慶應義塾大学病院は、患者さんにとって優しい病院を目指しており、患者さんに信頼される、患者さん中心ともいえる医療を行うことを主にしています。
先進医療を開発することで、高品質かつ安全な医療の提供を行うこと、そして、人権を尊重した医学、医療を通し、福祉の貢献を行うというものです。

診察科・部門について

慶應義塾大学病院の診察科は、内科(循環器、呼吸器、消化器、腎臓・内分泌・代謝、リウマチ、神経、血液)外科(一般・消火器、呼吸器、脳神経、心臓血管、小児)、麻酔科、小児科、産科、整形外科、婦人科、形成外科、皮膚科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、眼科、放射線治療科、放射線診断科、歯科・口腔外科、救急科、リハビリテーション科、そうそう診断科です。
併設部門として、血液浄化・透析センター、漢方クリニック、内視鏡センター、スポーツ総合センター、感染症外来、免疫統括医療センター、メモリークリニック、腫瘍センター、緩和ケアセンター、予防医療センター、臨床遺伝学センター外来、セカンドオピニオン、周産期・小児医療センターがあります。

面会時間と休診日

面会時間は。平日午後3時から午後7時、土曜日と休日は午後1時から午後7時となっています。
休診日は、日曜日、第1.第3土曜日、国民の祝日や休日、慶應義塾の休日である1月10日、4月23日、そして12月30日から1月4日の年末年始です。

Posted on , By
Categories: 病院紹介